モグワン 食いつき

モグワン 食いつきの良さはは97%って本当か?結論個体差はある

 

モグワンの食いつきが97%って本当かな?

こんな疑問に答えます。

 

この記事を書いている私の愛犬チワワ8歳の母です。
3年前からモグワンに変えていますが、かなり体調も良く、大きな病気もしていません。
モグワンの公式サイトで「試食会で97%のワンちゃんが食べた!食いつき抜群」とあるんですが実際はどうなのかなどを調べてきました。

 

モグワン 食いつきってどうなの?結論:食べない子もいる


結論から言うと全ての犬がモグワンを気に入るとは限らない

 

確かにモグワンは食いつきもよく、試食会でも97%食べたと高評価で数字的には高いんですが食べなかったという口コミも、全体の一割程度みかけます。

 

最初は食いつきが悪くても、「仕方なく食べさせているといつのまにか食べてくれるようになった」
というような口コミも多く、「肉たっぷり、魚たっぷりでおいしいじゃないか!と本能を刺激してくれ食べてくれるようになった」という口コミもありました。

 

犬って、食べなくてもそれしか与えていないと腹減ったら高確率で食べますから。
そしてモグワンを食べてくれるようになると、おいしさに気付きモグワンの食いつきがよくなるというのモグワンの評価対象のひとつです。

 

\詳しい詳細はこちら/

 

モグワンを食べないと想定される犬の特徴

 

モグワンの食いつきが悪い犬の特徴としては、モグワンの前に安い添加物たっぷりな濃い味付けのドッグフードを食べている犬がモグワンの食いつきが悪いという傾向があるんです。

 

理由は至って簡単で、添加物たっぷりでさらには濃い味付けの方が犬も喜びますよね。
人間も一緒ですよ。

 

デミグラスソースたっぷりのハンバーグと何の味付けもしていない温野菜とかだったら、デミグラスソースたっぷりのハンバーグを食べたいじゃないですか。

 

うちの子は、最初は安いご飯でしたが、モグワンの前は病院で紹介されたご飯を食べていました。
そこまで質も悪くなく、ちゃんとしたご飯だったせいか、モグワンを与えた時は食いつきが良かったんですよね。

今でも与えるとすぐ「ポリポリ」食べてくれますから。

 

かといって、モグワンを食べないからといって、添加物漬けの安いご飯を与えるのはよくありません。近年犬の寿命は延びています。しかし癌になる子が増加していると研究結果があるんです。

 

獣医師の中では、ドッグフードの添加物が癌やアレルギーの原因ではないか?と言っている先生も多いんです。

 

長生きの秘訣は食事です。人間も食に気を使いますよね。
犬も一緒です。質の良い無添加にこだわれば病気予防にもなりますし長生きにも繋がります。

 

食いつきが悪いからモグワンはやめて、元のご飯にするという事ではなく、モグワン食べてくれる方法を試行錯誤考えましょう。

食いつきが悪い子にはトッピングを!!

 

モグワン単体ではどうしても食いつきが悪いという子はトッピングしてあげる事で食いつきがよくなります。

 

モグワンって、肉たっぷりなのに低脂質のサーモンを使っているし、他のグレインフリーなドッグフードに比べ低脂質・低カロリーなんです。

 

なので、少量のトッピングなら全く問題ありません。

我が家もささみでだしをとった温野菜をトッピングしてあげていると一瞬で平らげるのでおすすめですよ^^

 

【初回半額】モグワン公式サイトはこちら?

 

まとめ


今回の話をまとめると・・・

モグワンの食いつきが悪いからといって、添加物たっぷりのご飯に戻すのは、健康リスクが高い。食べてくれる方法を試行錯誤しよう。オススメ⇒トッピング
モグワンを与える前に、添加物たっぷりなご飯をあげると、食べてくれない傾向にある
偏食のわがままワン子でも、少しづつの切り替えでちゃんとモグワンを食べてくれるようになる
仕方なく食べさせていると、そのうち食いつきがよくなるという口コミも多い。

我が家のチワワもモグワンに切り替えてから、大きな病気もしていなく、そして毛艶もよくて犬臭いも全くなくなったんですよね。

 

やはり人間も犬も日々食べているものでできていますから、質の良い無添加なご飯が最強という事を最近は本当痛感しています。

 

全ての犬が食べてくれるとは限りませんが、モグワンは肉と魚、野菜、果物をバランスよく配合されていて、食いつきもよく今人気上昇中のドッグフードです。

 

 

  • 愛犬に長生きしてほしい
  • 愛犬のご飯を見直したい
  • 愛犬の病気予防に食を見直したい

 

等考えている飼い主さんにおすすめしたいご飯です。
詳しくは公式サイトで確認を。

 

 

※初回半額キャンペーン中です※

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る